精力増強を阻害する要因

精力の減退に悩む人は多く、現在でも精力増強に効果があるとされるさまざまな商品が販売されていますが、このような商品を摂取し続けても、精力増強を阻害している要因を取り除かなければ、効果は薄れてしまいます。ですから精力増強を実現するためには、まずは精力を減退させている要因を排除することが大切になります。
精力が減退する要因はいくつもあります。たとえば代表的なものが加齢です。これは生きている限りは致し方の無いことですが、やはり年齢を重ねるとともに精力が減退することは避けられません。またストレスも精力に大きな影響を与えます。特に男性はストレスが精力に大きな影響を与えることが知られており、EDなどもストレスが原因の場合も多くあります。さらに過度の飲酒や喫煙も精力の減退につながるとされています。
具体的に男性の精力が減退する原因は、男性ホルモンの減少です。加齢やストレスなどが原因で男性ホルモンの分泌が減少すると、性欲が減退し、男性らしさも失われてしまうのです。男性ホルモンの1種であるテストステロンは、30歳ぐらいから減少しはじめますので、そのころを境にして精力も減退してしまうのです。
これらの精力の増強を阻害する要因は、生活習慣の改善でも取り除くことができます。たとえば無理なダイエットはカロリー不足を招きますが、カロリーが不足するとテストステロンの分泌が少なくなってしまいますので、精力増強の観点からみればカロリーはしっかり摂取しなければいけません。またタンパク質やビタミンも男性ホルモンの分泌には欠かせない成分です。ただし体脂肪が多すぎると男性ホルモンの分泌が減りますので、十分な運動で体型を維持することも心がけなければいけません。もちろん睡眠をしっかりとって、ストレスをためないこともとても重要です。